HOME | CONSULTED HERB TEA

再診の方専用のオリジナルブレンドハーブ
(セルフケアメニュー)です。
東洋医学的な考えの基
50種類のオーガニックハーブの中から
身体の状態に合わせて数種類を
 
あなたの為にブレンドします。
  

植物療法とは


植物療法とは
植物が生合成するフィトケミカル成分
を用いて人が生まれながらにして有している
自然治癒力に働きかける療法
のことをいいます。  
 
薬物療法との違いは
医薬品(薬物療法)が単一成分であるのに対し
ハーブや精油(植物療法)は
多様な成分を含むことにあります。
 
それぞれのフィトケミカルの含有量は
少なく活性も強くはありませんが
各成分が多様な機能をもち、
また多様なメカニズムで働きかけるため
薬理学的に相乗効果がもたらされます。
 
 

植物療法の歴史

 
動物が身体の不調に際して本能的に
身の回りの植物を摂取するように
植物療法は生物にとって
根源的な療法といえます。
 
薬学・医学の父と称される
ヒポクラテス(B.C.460年-377年)は
体液病理説に基づき、
およそ300種の薬草を処方しています。