HOME | 医師からの推薦

医師からの推薦


挾間比左徳 医師
 
経歴
東京大学医学部卒
関東中央病院、東京逓信病院、東京警察病院、東京大学医学部付属病院などを経て、2004年から富士通川崎病院(現富士通クリニック)勤務
 
推薦文
近年では、パソコン作業を続けることで肩こり、頭痛、腰痛などを発症し、さらには不眠、食欲低下、倦怠感などの症状にいたる人が増えてきています。
そのような方が病院に来ても症状を抑えるだけの対症療法しかできず、なかなか改善しません。
 
このような状態には鍼灸などが有効なことがあるため、患者さんにも鍼灸などの代替医療を勧めることがあります。
富士通㈱では社員の福利厚生の一環として鍼灸師やマッサージ師を雇用しており、吉村陽介氏は2009年から富士通㈱の非常勤職員(嘱託)として勤務しています。
患者さんが社員の時には紹介することも時々ありますが、治療効果があるため皆結構満足していました。
ぎっくり腰などの急性症状に対しては速効性があるため、治療効果がわかりやすいのですが、慢性的な症状の改善にはそれなりの時間(治療回数)がかかるということを理解しない方が多く、改善不十分で中断してしまう人がいたのが残念なところでしたが…
 
吉村陽介氏の師匠は「潜象界からの診療」を執筆された故有川貞清医師です。
その方法の特異なところは、まず全身を見ただけでその病人の気の滞ったところを発見し、その気滞に対する治療点を見つけ刺鍼することで気滞を消していくという方法です。
ただ圧痛のある場所(阿是穴)に鍼を刺す、あるいはこのツボ(経穴)は何々の症状に効くので鍼を刺す、という漠然とした方法でなく、悪い場所を見つけながら消していくという治療体系が確立しているため、自信をもって治療に当たることができているようです。
 
吉村氏はその技術を受け継いでいるだけでなく、人柄もまじめで人間的に信頼できる鍼灸師です。
ここに彼を皆様に推薦いたします。
 

挾間比左徳